クレジットカード現金化の方法のメリットとデメリット

クレジットカード現金化の方法は、クレジットカードのショッピング枠を利用することで現金を手に入れることが基本です。
クレジットカードには、一般的にショッピング枠とキャッシング枠がついています。
しかし、クレジット枠は少額であるため、ショッピング枠を使って現金を手に入れます。
つまり、ショッピング枠で買物をして、それを処分することで現金に換えます。
が残っていれば買物はできますので、それを売って現金に換えるのです。
これがクレジットカード現金化で、これには、二つの方法があると言われています。
それぞれについてメリットとデメリットがありますので考察してみます。

一つ目は、現金化してくれる業者を利用します。
一定の商品を購入すると、これに対しキャッシュバックをしてくれる業者ありますのでこの業者を利用する方法です。
クレジット現金化が目的ですから、商品は安価なものが多いと言われます。
二つ目は、金券などをクレジットカードで購入し金券ショップなどに売って現金を入手する方法です。
買い、それを売って現金化するこの、二つの方法には、いずれもメリットとデメリットがあります。
業者を利用する方法のメリットは、短時間で現金化できることです。
ネットバンクなどを利用すれば直ぐに手続きができます。
金券ショップを利用する方法に比べて労力がかかりません。
一方、デメリットは還元率が低いことです。
また、業者の中には所謂悪徳業者が存在する場合があります。
クレジットカードの内容が盗まれるなどの被害がある場合もあるようです。
金券などをクレジットカードで購入し金券ショップなどに売って現金を入手する方法のメリットは、還元率の高い金券ショップなどを探せる可能性があることです。
一方、デメリットは現金化するのに手間がかかることです。
商品券できる商品をクレジットカードで大量に購入することはクレジット会社がチェックしています。
また、約款にこうした行為を禁止し、これにより利用が停止される危険性があります。